ポルトガル語国際デー

Dia Mundial da Língua Portuguesa
World Portuguese Language Day

昨年11月に国連が5月5日をポルトガル語国際デーと定めてから、本日初めてその日を迎えるこのになりました。新型コロナウィルス感染症が世界に蔓延する現状は、お祝いムードとかけ離れていますが、ポルトガル語の翻訳者として何か記録を残す使命感に駆られます。

元々はポルトガル語圏諸国共同体(Comunidade dos Países de Língua Portuguesa、CPLP)が定めた記念日で、国連が国際デーとして登録した目的は「ポルトガル語が文明・文化の保全および普及に果たす重要な役割を強調するため」と提言しています。ちなみに、CPLPの加盟国はポルトガル語を公用語とするポルトガル、ブラジル、アンゴラ、カーボヴェルデ、ギニアビサウ、サントメ・プリンシペ、モザンビーク、赤道ギニア、東ティモール の9か国で、2014年7月から日本はオブザーバーとして参加しています。

ポルトガル語の話者人口は、日本の人口の2倍以上に相当する約2億6,000万人とされ、人口約2億人のブラジルの話者が一番多く、南半球で最も使われる言語です。各地域のバリエーションが存在しますが、南米と欧州ポルトガル語の規範が標準的で「一言語二規範」の言語とされます。アフリカやアジアのポルトガル語は、ポルトガル規範に準じます。

1990年にブラジルとポルトガルの異なる正書法は「ポルトガル語正書法協定」(Acordo Ortográfico da Língua Portuguesa)にまとめられ、2015年に「新正書法」(Novo Acordo Ortográfico)として移行が終了しました。しかし、ポルトガル語公用語アフリカ諸国(Países Africanos de Língua Oficial Portuguesa、PALOP)は、多くのケースでポルトガル規範の(旧)正書法の使用を好みます。

今後もポルトガル語が南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアの架け橋として、多様な文化が共存し、尊重し合う象徴的な言葉であってほしいと思います。