翻訳の日 Dia Internacional da Tradução

9月30日は世界中の翻訳関連団体が様々なライブを配信しているので、お祝いムードが伝わってくると同時に、翻訳の仕事により一層の責任感と誇りを感じてきます(真面目か!)。

今朝は、嬉しいことに、昨年観に行けなかった『地獄の門を叩く男』(Lampião Nô Inferno)がブラジルで初公演され(現地は29日の夜)、YouTubeで観られたので朝からテンションが上がりました。ちなみにポルトガル語のタイトルでは、場所を指す前置詞と定冠詞の縮合形「no」の代わりに「Nô」(能)が使われて、英語でも「HELL SAYS NOH」と洒落が効いています(オヤジか!)。

日本の能楽とブラジルの古典文学が融合し、さらに趣味のカポエイラと大好きなサンバヘギ(バイーア州のサンバレゲエがミックスした音楽)も登場して、プロジェクションマッピングが創り出す不思議な世界観に完全に呑まれました。自分は制作等に全く関わっていないのですが、ブラジル大衆文化を見事に解釈(translation)したこの先鋭的で斬新な作品は、まるで自分の手柄かのように有頂天にさせてくれました。

駐日ブラジル大使館と能楽研究家・梅若ソラヤさんの共同企画で、ジャパン・ハウス サンパウロのYouTubeチャンネルで観れます!ポルトガル語・英語と日本語(笑)の字幕があります。

地獄の門を叩く男 (LAMPIÃO NÔ INFERNO)

日本時間の10月1日(木)午前8時〜9時には、演出家の梅若ソラヤさんを交えたオンライントークイベントも開催されます。
詳細はこちら(下記URL)。

https://www.japanhousesp.com.br/ja/novidade/hell-says-noh-lampiao-no-inferno/