ブログ

久々の勉強会

先週の金曜日(7/8)に久々の勉強会を開催しました。コロナ禍が続く中、今後の活動内容について話し合い、気楽に情報を発信することになりました。今回は初めてGoogle Meetを使用しましたが、操作しやすく、無料にも関わらず時間制限がなく、動作もスムーズで大満足。JICAの「正しい手洗い漫画」の翻訳プロジェクトや動画字幕ソフト「Subtitle Edit」を簡単に紹介し、ブラジル・ポルトガル語の有料オンライン辞書「Houaiss」とライセンス(ダウンロード)型の「Aurélio」、そしてつい昨日に追加されたコトバンクの葡日・日葡辞書(小学館の現代日葡辞典とプログレッシブ ポルトガル語辞典)もメンバーにお勧めしました。後日、其々が勉強会のブログを更新することに。

日葡翻訳勉強会「NIPPO CONNECTIONS」のブログはこちら

2021春

コロナ禍の収束はおろか、収束の見通しすら立たない中、翻訳業界への影響が危惧される一方、昨年末から怒涛の翻訳ラッシュで、ありがたいことに寝る暇を惜しんで作業に取り掛かりました。

4月に入り、スケジュールが落ち着いたところで、今度は確定申告のためにおろそかにしていた経理に取り掛かることに。会計ソフトを使っていますが、さすがに翻訳会社40社程との取引の記帳を整理するのは手間がかかります。

無事に確定申告が終わり、次は昨年末にサーバー移行でバクアップに失敗し、今まで書いたブログが消失したサイトに手を付けることに。以前よりシンプルなサイトになりましたが、各ページのポルトガル語版も作り、何とか公開できました。ブログは日本語がメインで、気が向いたらポルトガル語で書きます(母語なのに…)。

勉強会 NIPPO CONNECTIONS の活動も昨年からずっと止まっていて、そろそろ復活しなければ。在日ブラジル人コミュニティーが多い自治体を対象に、ポルトガル語で発信されている情報について調べる課題を出したままでした。一息入れて、今年度からまた徐々に活動して行ければと思います。